Hadzuki's Animal PhotoBook

和名 トビ 学名 Milvus migrans lineatus
分類
鳥網 タカ目 タカ科 トビ属
英名
Black Kite
生息地、分布
旧北区、オーストラリア区、エチオピア区に広く分布。日本では、九州以北に留鳥として分布するが、寒地のものの一部は冬に暖地に移動する。各地の海岸、農耕地、河川、湖沼の周辺に生息する。都市のゴミ捨て場や漁港には大群でいる。
食べ物
上空をホバーリングして魚類などを狙うが、市街地などでは人間の持っている食べ物を狙うケースが増えている。
体長
体長:60〜70cm
翼長:157〜162cm
体重:630〜1240g
 
 

『 煌きの中の... 』

 

撮影日 2001/11/24 撮影場所 神奈川県江ノ島
カメラ Minolta α7 レンズ AF Refrex 500mm F8
その他の写真 1.煌きの中の... 2.滑空  3.煌きの中の...(Part2)
コメント
  一番身近に見ることのできる猛禽類、いわゆる”トンビ”です。市街地から山地まで身近に見られ、他のワシタカ類と違って尾が角張っていること、体の色が背とお腹の両方が茶色である事から見分けられます。

 写真 『煌きの中の...』 は、 神奈川県江ノ島にある展望のよい食堂から、500mmレフレックス望遠 で見下ろして撮影したもの。江ノ島の海の煌き(きらめき)がレフレックス望遠独特のリング状のボケ味となって、ファインダー内で大変美しかったのですが、飛翔中の鳥を500mm望遠で追うというのは、骨が折れます。