Hadzuki's Animal PhotoBook

和名 シベリアオオヤマネコ 学名 Lynx lynx
分類
哺乳網 食肉目 ネコ科

  ネコ亜科 オオヤマネコ属

英名
Siberian Lynx (Eurasian Lynx)
生息地、分布
シベリアオオヤマネコの分布
ヨーロッパ北部からシベリアまで
食べ物
シカ、鳥、げっ歯類等
体長
体長:67〜130cm
尾長:10〜30cm
体重:15〜35Kg
寿命
1 7年ほど
IUCNレッドリスト
近危急種
(LR/nt;Near Threatened)
 

『 老獪 』

 

撮影日 2002/10/12 撮影場所 群馬サファリパーク
カメラ Minolta α7 レンズ AF Refrex 500mm F8
その他の写真 1.森を継ぐもの  2.老獪
コメント
  あまり知られていませんが、最近まで・・・といっても数千年前まで、ですが、この日本にもオオヤマネコが生息していたらしいのです。3〜1万年前から5〜3千年前のことのようです。
 この時期、日本列島は縄文時代。事実、縄文人がオオヤマネコの下顎骨や牙に穴を開けた装飾品が、岩手県の貝塚から発見されています。また、東北から九州の広い範囲の遺跡や貝塚から、オオヤマネコの遺骨が発見されているそうです。

 写真 『老獪』 は、 群馬サファリパークで睨みを利かせるシベリアオオヤマネコを、500mm望遠で撮影したもの。白い髭を蓄えた風貌と、人の心の奥底まで見透かすような眼差しが、能天気に檻を覗き込む未熟な人間など及びもつかない老獪さを感じさせます。