Hadzuki's Animal PhotoBook

和名 ピューマ 学名 Puma concolor
分類
哺乳網 食肉目 ネコ科

  ネコ亜科 ピューマ属

英名
Puma (Cougar)
生息地、分布
ピューマの分布
北米から南米にかけての4800mまでの高い山や深い森林
食べ物
哺乳類、爬虫類、魚、昆虫等
体長
体長:100〜200cm
尾長:60〜90cm
体重:30〜100Kg
寿命
10年〜15年ほど
IUCNレッドリスト
近危急種
(LR/nt;Near Threatened)
 

『 お・や・す・み 』

 

撮影日 2002/09/21 撮影場所 東武動物公園
カメラ Minolta α7 レンズ AF 500mm Refrex F8
コメント
 文献ではネコ属(Felis)に分類しているものも多くありますが、ここでは学名に合わせてピューマ属としました。
 ピューマは、クーガー、パンサー、マウンテンライオン、などとも呼ばれ、大型で牛や馬なども捕らえることもありますが、トラやライオンが属するヒョウ亜科ではなく、私たちの周りにいるイエネコと同じネコ亜 科に属します。一見信じられないのですが、彼らの「ニャ〜ゴ」という鳴き声を聴くと、やっぱりネコなんだと納得できてしまいます。
 木登りも泳ぎ、ジャンプも得意でスポーツ万能。主に夜行性でシカやペッカリーなどの中型の動物を捕食するために広い行動圈を持っています。また平地から高山。森林地帯から半砂漠地帯と広範に生息していて、広いテリトリーをもち、直径80kmにも達し、一夜のうちに40kmも歩き回るといわれています。
  IUCNのレッドリストでは、これまでLC(現在のところ絶滅の可能性低い)に分類されていましたが、2002年版ではではNT(生息条件の変化によっては「絶滅危惧種」に移行する可能性がある種)に危険度が上がっています。

 写真 『お・や・す・み』 は、東武動物公園で夕刻の活動時間前のピューマを撮影したもの。 熟睡というより「爆睡」ですね。しかしこの寝顔、アップの写真で見ると本当の大きさが分からなくなるので、どう見ても『ネコ』そのものです。