Hadzuki's Animal PhotoBook

和名 インドライオン 学名 Panthera leo persica
分類
哺乳網 食肉目 ネコ科

  ヒョウ亜科 ヒョウ属

英名
Indian Lion (Asiatic Lion)
生息地、分布
インドライオンの分布
インド北西部グラヤット州ギル森林保護区
食べ物
シカ、イノシシ等
体長
体長:140〜250cm
尾長:70〜105cm
体重:120〜250kg
寿命
25〜30年ほど
IUCNレッドリスト
絶滅寸前種
(CR;Critically Endangered)
 

『 落花流水 』

 

撮影日 2000/10/14 撮影場所 よこはま動物園
カメラ Minolta α7xi レンズ AF 28-105mm Zoom
その他の写真 1.瞳の向こう  2.ケリ!ケリ!ケリ!  3.落花流水
コメント
 10万年ほど前に、アフリカライオンから枝分かれしたと思われる亜種のインドライオンは、かつての生息域の広さからすると信じられないほど狭い土地で生き抜いているようです。その数は300頭、主に1450平方キロのギルの保護区にいて、インドの誇り、インド国のシンボルとなっています。一度出産(平均2〜3頭)するのに、およそ500回交尾します。しかし、インドライオンの数が少なく、種を構成する遺伝子の多様性が低く、精子の70〜80%が奇形といわれます。

 写真 『落花流水』 は、 よこはま動物園で 見つめあう雄と雌。その距離が面白く、どちらかと言えば雄がビビッテいて笑えました。なお、落花流水には、落花を男に、流れゆく水を女にたとえて、男が女を思う情があれば、女のほうもこれに相応じ受け入れる意味があります。