Hadzuki's Animal PhotoBook

和名 ヨーロッパヒグマ 学名 Ursus arctos arctos
分類
哺乳網 食肉目 クマ科 クマ属
英名
European Brown Bear
生息地、分布
ヨーロッパヒグマの分布
ヨーロッパ(ピレネー山脈)の森林で単独生活
食べ物
果実、昆虫、小型げっ歯類、魚、シカなど
体長
体長:200cmほど
体重:150〜350kg
寿命
25〜30年ほど
 
 

『 望 郷 』

 

撮影日 2000/11/15(夕刻) 撮影場所 富士サファリパーク
カメラ Minolta α7xi レンズ AF 28-105mm Zoom
コメント
 鼻先が少し長く尖っています。毛色は個体によって様々なようです。
  ヨーロッパのヒグマは、個体群がところどころに分かれていて、このうち、スペインのピレネーあたりに分布する個体群は絶滅に瀕しています。この地域に別の地域からヒグマを移して増殖をはかろうとしているのですが、ここで問題が生じます。同じヒグマといっても、別の地域の個体では遺伝的に異なっている可能性があります。国や地域によってさまざまな人種がいるように、同じヒグマにもいろいろな種類がいるのです。 そして、個体を別の地域から移入するには、遺伝的に類似した種類であることが重要なのです。

 写真 『望郷』 は、富士サファリパークで、晩秋の夕刻に撮影したもの。 何頭ものヒグマたちが、夕日の中でみんな同じ方向を見つめていて、なんとなく、夕日の向こう、遥か西の彼方にある故郷とを懐かしんでいるように思えて、シャッターを押しました。